スポンサーサイト
 --.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   [スポンサー広告]
不完全燃焼
 2006.08.07 Mon
昨日は一昨日に続いてのサヨナラ勝ち
一昨日はパスクチの右へのサヨナラ本塁打
昨日は投手・馬原暴投の相手ミスで3塁走者・平下が還りサヨナラ勝ち。
でも、一昨日のHRで決める方がマリーンズらしいと思う

昨日の試合で印象に残ったといえば最後の勝った瞬間もありかもしれない
でも、それ以上に印象に残った場面があった
7回ウラ、1死2、3塁の場面で迎えたサブローの3打席目。
この試合最大のチャンスのこの場面は1打出れば2点を取れる場面だった。
しかし、ホークスの2番手ピッチャー・藤岡の前にサブローは外低めの球に手が出てしまい、三振。その直後、サブローが悔しさを表にした。
三振後、バッターボックスを少し外れて、サブローはベンチに自分のバットを投げつけた。
あんなに悔しさを外に出すサブローは初めて見た。
正直に言うとあのサブローを見たときは少し涙ぐんでしまった
そして、サブローは10回のウラのチャンスにも打席に立った。
目の前で代打・ワトソンが敬遠の四球。1死満塁。
サブローにとっては前の打席の借りを返したい。しかし、試合は以外な方向で幕を閉じた。サブローは2-2と追い詰められた。そして、次の球・・・馬原の暴投。
あっけない幕切れ。
試合には勝ったものの、サブローは悔しかったことだろう。
翌日、今日の朝刊にもこの打席への思いが書かれていた。
≪朝日新聞・朝刊≫より

ロッテ連夜のサヨナラ勝ち

 ソフトバンク  ―  ロッテ 

 連夜のサヨナラ勝ちを決め、喜びに沸く仲間を横目に、ロッテのサブローは苦笑いを浮かべていた。同点の9回1死満塁、カウント2-2。追い込まれていたが、「最後は正直な気持ち、打って決めようと思った」。しかし馬原の4球目は暴投をなり、その間に勝ち越しの三塁走者が生還した。本人にしてみれば不完全燃焼の思いはあるだろうが、流れの悪いチームには、こんな「強運」の持ち主が必要かもしれない。

PLEASE CLICK!
 
「千葉ロッテマリーンズ同盟」主催
スポンサーサイト
  c:0  t:0   [マリン日記]
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://recollec.blog39.fc2.com/tb.php/116-c9974f39
次戦| HOME | 結果・次戦
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。